After dependency parsing | nibuiroフラグメント β

After dependency parsing

After dependency parsing

係り受け解析器にはCoreNLP, spaCy, GiNZAいろいろありますね. 例えば, BoW, n-gram, TF-IDF, えと, co-expression, LDA, Glove, なんかは定義が情報の特徴を表していますが…というか係り受け解析器はこれらと違って集合の特徴を与えるものではなくて文単位のの生データにアノテーションを加えるものですね?

そこでふと, 係り受け解析してそのあとは?


結論, 係り受け解析はきっと君を助けてくれる.
話題がそれますがgayouさんのブックマークがとても参考になる.
https://b.hatena.ne.jp/gayou/%E8%87%AA%E7%84%B6%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%87%A6%E7%90%86/

追記:
話は逸れますが, 文脈によって意味が異なるbank(銀行, 土手)のような単語を識別したい場合はELMo.

1 comment so far

ExoRank Posted on12:16 pm - Jan 24, 2020

Awesome post! Keep up the great work! 🙂