environment – nibuiroフラグメント β

[WIN]コマンド備忘録

  • ショートカットの名称を変更

元に戻す

  • ping回し
    arp -aでひっかからない場合に使用しています。

Compile OpenCV3 with CUDA on Windows for python

Spec

  • i5-4210U
  • 8GB RAM

Waht’s Need? / env

Commands

 スタートメニューから「VS____ 用 MSBuild のコマンド プロンプト」を開き、Pythonのインタプリンタへのパスが通っていなければ通し、以下もSETしておく。
 適宜変更して~。

Result

  • Output(13行目)

  • Size
    About 6GB.

  • Check


Reference:

setup.py install⇒uninstall

アーインストール♪ アーインストール♪
こーのー星の無数の…

 はい、ということでsetup.pyから直接インストールしてしまった場合についての対処法です。pipというすばらしいパッケージ管理システムを通さずにインストールしてしまうとまぁ大変。次からはやめましょう。

Windows(オプション必要かも<(_ _)>):

Linux:

こちらのコマンドでアンインストールできないこともないですが、強引な操作となる為、意図しないファイルを削除してしまうことがあります。使用には十分気を付けてくださいねー。


setup.pyから直接インストールしない方法

Anacondaとjupyter notebook

話自体は昔のことなんですがね?
WindowsであるAnaconda環境からjupyterを立ち上げたいと思うじゃないですか?
ググりますね?

「Anacondaから開いたプロンプトでjupyter notebookうてばいけるよ!」

「できました!」

「I can not! Ahhhh!!!」

…ということで、スクリプトを直接実行してみましたらできました。

Spyderについても同様です。
パスは(ry

…が、しかしね?この話にはまだ続きがありまして、

--name ipykernel(IPython Kernel for Jupyter)のインストールディレクトリの名称を設定。IPythonってのは対話型CLI。
--display jupyter notebookでの表示名

こちらの方法でもイケるのですよ。…むしろこっちが正しい(笑)。
ただ「IPython-notebook-extensions」がエラーを起こす…かもしれない。

ほいでは。ノシ

wordpressのユーザパスワードを忘れて焦った話

wordpressのユーザパスワードを忘れて焦った話

 メールアドレスからリセットできると思っていた…だがしかし、迷惑メールボックスを見ても受信していない。設定をしくじった。ということでググるとまずヒットしたのが「phpMyAdmin」。どうやらパスワードをDBで管理しているらしい、けれども残念なことにインストールしていない上にするにしても恐らく「apt upgrade」しなけりゃならんだろうし、そうなると初回インストール時同様、性能不足からインスタンスを一度有料プランにしなければならない。それは面倒。
 ということでコマンドラインから直接DBにアクセスすればいいだろうと。

mysqlと入力しているがMariaDBの場合でもこれでイケる(現在は)。

無事変更終了。いやー焦った。