environment | nibuiroフラグメント β

[10min] julia, python -> pdf via LaTeX

docker run -e GRANT_SUDO=yes --user root -e PASSWORD="hoge" --rm -p 9800:8888 -e JUPYTER_ENABLE_LAB=yes -v //:/ jupyter/datascience-notebook
 

-e: 環境変数を設定するオプション


ソースサイト. docker-composeやら, 面倒.
https://goodbyegangster.hatenablog.com/entry/2020/01/11/071107

Solved: CondaHTTPError: HTTP 000 CONNECTION FAILED

こう…, python環境ってなんで改めて構築しようとするたびに詰まるのですかね?


conda update –all
Collecting package metadata (current_repodata.json): failed

CondaHTTPError: HTTP 000 CONNECTION FAILED for url <https://repo.anaconda.com/pkgs/main/win-64/current_repodata.json>
Elapsed: –

An HTTP error occurred when trying to retrieve this URL.
HTTP errors are often intermittent, and a simple retry will get you on your way.

If your current network has https://www.anaconda.com blocked, please file
a support request with your network engineering team.

‘https://repo.anaconda.com/pkgs/main/win-64’

今回のエラーはこれ. DLLが衝突する場合, パスに”<%PYTHON_HOME%\Library\bin>”が足りない場合が私の環境における問題でしたので環境変数のPATHからpython関係以外のものをすべて除いたうえで/Library/binを追加して解決しました.
以上です.

Solved: ERROR conda.core.link:_execute(700)

今思えば--freeze-installedでよかった…
発生要因は軽い気持ちの P I P .


spaCyのインストールをしようとしましたら.
ERROR conda.core.link:_execute(700): An error occurred while uninstalling package ‘<unknown>::mkl-2019.3-intel_203’.
Rolling back transaction: done

ValueError(‘Attempted to make prefix record for unknown package type: mkl-2019.3-intel_203’,)
()
で突き返されました.

conda uninstall mkl
conda clean -all
conda remove –force mkl
conda install -c intel –force-reinstall mkl
何をしてもダメ.
がしかし, 何をしてもダメなことはない.

${CONDA_PREFIX}/conda-meta/<package-name-and-version>-<hash>.json

管理しているパッケージの情報はここにあるとのこと. 削除します.
conda install -c intel –force-reinstall mkl
完璧. 念のため--force-reinstallオプションをつけましたがいらないかもしれません.

[WIN]コマンド備忘録

  • 「xxのショートカット」の文字列「ショートカット」を変更
reg add HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\NamingTemplates /t REG_SZ /v ShortcutNameTemplate /d “__sc__%s.lnk” /f

元に戻す

reg delete HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\NamingTemplates /f
  • ping回し
    arp -aでひっかからない場合に使用しています。
for /l %v in (1,1,254) do ping -n 1 -w 100 192.168.1.%v

Compile OpenCV3 with CUDA on Windows for python

Spec

  • i5-4210U
  • 8GB RAM

Waht’s Need? / env

Commands

 スタートメニューから「VS____ 用 MSBuild のコマンド プロンプト」を開き、Pythonのインタプリンタへのパスが通っていなければ通し、以下もSETしておく。
 適宜変更して~。


SET PYTHON_LIBRARIES=%PYTHONHOME%\Libs;
SET PYTHON_INCLUDE_DIRS=%PYTHONHOME%\Include;
SET INCLUDE=%PYTHONHOME%\Include;%INCLUDE%
SET LIB=%PYTHONHOME%\Libs;%LIB%
SET PATH=%PYTHONHOME%;%PYTHONHOME%\Scripts\;%PATH%

@rem e.g. “CUDA_HOST_COMPILER=C:/Program Files (x86)/Microsoft Visual Studio 14.0/VC/bin/x86_amd64/cl.exe”
SET CUDA_HOST_COMPILER=

@rem -G”Visual Studio 14 2015 Win64″
cmake -B”.” -H”../” -G -DBUILD_opencv_world=ON -DCUDA_FAST_MATH=ON -DWITH_CUBLAS=ON -DWITH_CUDA=ON -DENABLE_FAST_MATH=ON -DWITH_MKL=ON -DMKL_USE_MULTITHREAD=ON -DMKL_WITH_TBB=ON -DWITH_TBB=ON -DINSTALL_TESTS=ON -DINSTALL_C_EXAMPLES=ON -DBUILD_EXAMPLES=ON -DBUILD_opencv_python3=ON -DBUILD_opencv_python_bindings_generator=ON -DEIGEN_INCLUDE_PATH=”D:\compile_ocv\eigen” -DWITH_EIGEN=ON -DOPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=”D:\compile_ocv\opencv_contrib\modules” -DOPENCV_ENABLE_NONFREE=ON -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=”D:\compile_ocv\opencv\build”

MSBuild OpenCV.sln /t:build /p:Configuration=Release;Platform=”x64″
MSBuild INSTALL.vcxproj /t:build /p:Configuration=Release;Platform=”x64″

SET cvDLL=.\x64\\bin\
xcopy /f %cvDLL%\opencv_ffmpeg343_64.dll %cvDLL%\opencv_img_hash343.dll %cvDLL%\opencv_world343.dll %PYTHONHOME%\Lib\site-packages\

Result

経過時間 01:37:23.58
* Size
About 6GB.


Reference:

setup.py install⇒uninstall

アーインストール♪ アーインストール♪
こーのー星の無数の…

 はい、ということでsetup.pyから直接インストールしてしまった場合についての対処法です。pipというすばらしいパッケージ管理システムを通さずにインストールしてしまうとまぁ大変。次からはやめましょう。

Windows(オプション必要かも<(_ _)>):
python setup.py install –record files.txt
type files.txt | xargs del

Linux:
python setup.py install –record files.txt
cat files.txt | xargs rm -rvf

こちらのコマンドでアンインストールできないこともないですが、強引な操作となる為、意図しないファイルを削除してしまうことがあります。使用には十分気を付けてくださいねー。


setup.pyから直接インストールしない方法
pip install wheel
python setup.py bdist_wheel
cd dist
pip install .whl

Anacondaとjupyter notebook

話自体は昔のことなんですがね?
WindowsであるAnaconda環境からjupyterを立ち上げたいと思うじゃないですか?
ググりますね?

「Anacondaから開いたプロンプトでjupyter notebookうてばいけるよ!」

「できました!」

「I can not! Ahhhh!!!」

C:\Users\%USERNAME%\Anaconda3\Scripts\jupyter-notebook-script.py %USERPROFILE%
…ということで、スクリプトを直接実行してみましたらできました。
C:\Users\%USERNAME%\Anaconda3\Scripts\spyder-script.py
Spyderについても同様です。
パスは(ry

…が、しかしね?この話にはまだ続きがありまして、

python -m ipykernel install –user –name= –display-name=

`–name` ipykernel(IPython Kernel for Jupyter)のインストールディレクトリの名称を設定。IPythonってのは対話型CLI。
`–display` jupyter notebookでの表示名

こちらの方法でもイケるのですよ。…むしろこっちが正しい(笑)。
ただ「IPython-notebook-extensions」がエラーを起こす…かもしれない。

ほいでは。ノシ

wordpressのユーザパスワードを忘れて焦った話

wordpressのユーザパスワードを忘れて焦った話

 メールアドレスからリセットできると思っていた…だがしかし、迷惑メールボックスを見ても受信していない。設定をしくじった。ということでググるとまずヒットしたのが「phpMyAdmin」。どうやらパスワードをDBで管理しているらしい、けれども残念なことにインストールしていない上にするにしても恐らく「apt upgrade」しなけりゃならんだろうし、そうなると初回インストール時同様、性能不足からインスタンスを一度有料プランにしなければならない。それは面倒。
 ということでコマンドラインから直接DBにアクセスすればいいだろうと。

mysql -u -p

mysqlと入力しているがMariaDBの場合でもこれでイケる(現在は)。

MariaDB [<dbname>]&gt; UPDATE diary.wp_users SET user_pass = MD5(‘<new-password>’) WHERE user_login = ‘<wp_username>’;
Query OK, 1 row affected (0.22 sec)
Rows matched: 1 Changed: 1 Warnings: 0

無事変更終了。いやー焦った。