December 2019 – nibuiroフラグメント β

Archive December 2019

Dark side of Boost C++

話自体は2年前なのですが, 重み付きサンプラーを探していましてね?Boost C++に入門するかーと.

https://www.boost.org/doc/libs/1_71_0/boost/compute/random/discrete_distribution.hpp

あ, ダメなやつ. と.


修正されていると思ったのですがね… Current Release “August 19th, 2019 15:31 GMT”
Boostに頼る前に標準ライブラリを使いこなしているのかと.
利用者にあの大きなライブラリをインストールさせて申し訳ないと思わないのですか?

Boost C++は爆速アルゴリズム集ではない

Neo4j on jupyter notebook

統合的な環境が欲しくなりNeo4jのwebインターフェイスをiframeでjupyter notebookに埋め込もうと試みましたがブロックされた.
その理由は,

  • Content-Security-Policy: frame-ancestors ‘none’
  • X-Frame-Options: DENY

の二つが有効になっているため.とのこと.

ですがNeo4jはあの忌々しいjavaで記述されていますので綺麗にデコンパイル可能なはずです.

iframeでNeo4j

  1. Download
    • 7zip
    • Javinder
    • jbe(Java Bytecode Editor)
  2. Javinderを用いて上記二つのエントリを検索する.
  3. 7zipでjarを開き該当ファイルを抽出, 削除する.
  4. 抽出したファイルをjbeで開き該当エントリを削除する(操作が即時に反映されますのでご注意ください.).
  5. 修正したファイルを7zipを用いてjarに書き込む.

iframeでアクセス可能になりました.